2010年02月15日

参院過半数で社民の心理的影響を注視−自民・大島幹事長(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は9日午前の記者会見で、民主党が田村耕太郎参院議員の入党により、参院で同党の統一会派が単独で過半数(議長を除き121議席)の勢力を確保したことについて「社民党や国民新党がどういう心理的影響を持つのか推移を見たい」と述べ、連立政権を組む3党間の力のバランスが変化するかどうかを注視していく考えを示した。

【関連記事】
参院過半数確保で平野氏「あくまでも連立」
みんな「小沢」に右往左往 夏の参院選に照準
民主入り・田村参院議員のつぶやきがネット上で騒然
社民・照屋氏「石川被告は自発的辞職を」
鳩山首相、「普天間継続使用」否定 社民に振り回される安保

<政治資金規正法>今国会中の改正に首相意欲(毎日新聞)
テニアン移設「とんでもない」=防衛政務官(時事通信)
米子自動車道で2台が正面衝突、3人死亡(読売新聞)
がんの悩み共有 「がん患者・家族会」13日発足(産経新聞)
参院比例選投票先、民・自が接近…読売世論調査(読売新聞)
posted by シンカワ キハチロウ at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。